てんかんにラミクタール通販

てんかんにラミクタールがおすすめの理由

てんかんに対してラミクタールはよく使われています。ラミクタールは抗てんかん薬、双極性障害の気分安定剤として処方される薬です。ラモトリギンを主成分として使用されている薬で、てんかんのけいれん症状に対して強い効果を発揮します。
てんかんとは、一般的に知られている手足の震えなどのけいれん症状だけでなく、意識消失などを含めた大発作、突然笑い出すなどの精神症状が生じる疾患です。これらにより、日常生活が疎外される障害となっています。分類としては脳出血などの外因性の疾患による症候性てんかんと、先天的な物が多い特発性てんかんがあります。前者の場合は部分的発作にとどまる事が多いのですが、先天性の原因がはっきりしているものの場合重篤なてんかんとなります。
それでは何故ラミクタールが良いのかといえばやはり発作に対する効果が強いためです。ラミクタールでは、Naチャネルの働きを阻害するため、興奮性神経伝達物質と呼ばれるグルタミン酸などの遊離を阻害し、それにより収縮作用を抑えます。この薬では他のけいれん発作の薬よりも効果が望めるので、非常に有用となるのです。また、前述した重篤なてんかんに対しても効果があるのも魅力的です。ラミクタールは基本的にどのようなてんかんのけいれん発作にも効果があるため、この薬で効かなければ効くものは少ないとさえ言われています。小児の難治性てんかんの一つであるレノックス・ガストー症候群にも適応がある事でも知られています。ただし、副作用が強く、皮膚の障害であり致死性があるSJS症候群などの副作用による疾患がみられることもあります。そのため、安易な処方が出来ない物です。医師と相談してラミクタールは服用するべきだといえるでしょう。

通販で買えるラミクタールとは

ラミクタールとは、てんかんの発作を予防するための薬です。主成分はラモトリギンという、てんかん発作の予防に効果のある成分で、現在でも主にてんかんの治療に多くの人に使用されています。ラモトリギンは、発作の原因となる興奮性のあるアミノ酸の放出を抑制することによって、発作を抑えます。また、てんかんだけではなく、躁うつ病や双極性障害の治療にも使用されています。気分の激しい浮き沈みや、脳の興奮を穏やかにします。1990年に承認され、その後およそ100カ国で承認を受けた、安全度の高い薬だということができます。この薬には、脳の神経の興奮を抑えて発作の症状を緩和させたり起こりにくくする効果がありますが、その他のてんかん予防薬と併用することで、さらに効果が高まってきます。ラミクタールの大きな特徴として、通販で買うことができるという点が挙げられます。ラミクタールは、比較的体への負担が少ないため、通販で販売されているのです。クリニックで処方されることもありますが、個人輸入代行の通販サイトで購入することで、薬にかかる費用を抑えることができます。この薬は、効果が出るまでには継続して飲み続ける必要がある薬のため、通販で購入することによって、医師に処方箋を書いてもらって購入するよりも負担を抑えることができるのです。また、あまり病院へ行く時間がないという人でも、通販で買うことができるのはとても便利だと言えます。医師による処方箋を受けずに通販で購入する場合には、飲み方や副作用に十分注意して服用することが大切です。効果の高い薬なので、今までの薬ではあまり効果が出なかったというときは、ラミクタールに切り替えてみるのも良いでしょう。

ラミクタールの服用方法と副作用について

ラミクタールは抗てんかん剤として知られており、ジェネリック薬の1つになっています。ラミクタールは薬事法では劇薬や処方箋医薬品となっているために、使用をする場合には医師の処方箋が必要となる医薬品です。そのために服用をする上においては定められた方法を守ることが大切なことになり、また、処方を行って貰う場合にも現状における体調や体質等を医師や薬剤師に事前に伝えておく必要があります。ラミクタールは、現在小児用としての2mgと5mg、また成人用として25mgと100mgが販売されており、使用する上においての服用方法と副作用に関する内容が詳細に記載されています。副作用に関しては、重篤な症状として皮膚粘膜に関係する発熱や目の充血、また、顔面の浮腫みなどがあり、過敏症としては発疹や発熱、リンパ節症、血液障害などがあります。発症確率が5%未満の症状としては、めまいや傾眠、肝機能検査値異常をあげることができ、他に、発症確率が低い稀な症状としては、頭痛や不眠、失調や些細やことでも不機嫌の症状を現す易刺激性や不安、焦燥、興奮といった症状があり、他にも様々な症状が指摘をされています。これらの症状は発症確率としては低いものの、高齢者などでは生理機能が低下をしているために投与には慎重に対応をする必要があります。服用方法としては成人の場合、初めの2週間は1日に主成分として1錠25mgを1日1回服用し、次の2週間は1日に2錠50mg、5週目には1日に4錠100mg、そして6週目以降は維持容量として1日に8錠200mgを1~2回に分けて服用をするようにします。症状の程度によって増減をするようにしますが、増量をする場合には1週間以上の間隔をおく必要があり、この場合には最大でも400mg以下を厳守する必要がります。但し、万が一使用中に異変を感じた場合には中止をし、医師の診断を受けることが大切なことになります。

■幼児から成人まで処方されているテグレトール
テグレトールの特徴について
■てんかんのお薬はネット総合病院でお求めください
てんかんの薬はネットがお得?