てんかんにラミクタール通販

脳梗塞の精神薬としても使用されるラミクタール

けいれんや震えといった症状を現すものとしててんかんがあります。てんかんは発作を繰り返す脳の病気で、日本においては約100万人患者がいるとも言われています。患者の多くは小児や若年層に多く見られますが、一方では加齢に伴う様々な中枢神経疾患によっても発症し、高齢者の増加とともにその患者数も増え、日本てんかん学会では65歳以上に関して高齢者てんかんとしています。
てんかんの原因としては、大きく症候性てんかんと突発性てんかんに分けることができ、高齢者に見られる脳梗塞などによるてんかんは症候性てんかんに該当します。脳梗塞での症状はリハビリ中に発症をすることも多く、時間がたつとともに、うつ状態などの症状を現すことがあります。脳梗塞後の精神薬としては後遺症による予防的抗てんかん薬としてラミタクールが使用されることもあり、それは局在関連てんかんに高い効果を発揮します。
通常、脳梗塞後の精神症状の対処として、特に興奮や拒絶、看護者への暴力等の場合、抑肝散か抗精神薬、抗てんかん薬のいずれかが使用されることになり、症状によってはこれらを組み合わせて処方されることになります。ただし、注意をしなければならないのは脳梗塞の場合、しばしば糖尿病を合併していることもあり、このような場合には抗精神薬等に関して禁忌内容に関して事前に確認をしておくことが重要になります。
かつて、脳梗塞などで使用されていたてんかん薬は副作用の頻度も高く、長期にわたるために患者の身体的な負担には大きなものがありましが、ラミクタールの登場によってそれは大幅に軽減されるようになっています。ラミクタールは2008年に承認された、まだ新しい抗てんかん薬となっていますが2014年には単剤使用に関しても承認がなされており、その効果が期待されています。また、ラミクタールは副作用も少ないことから、リスクを抑えた治療が可能となってます。