• てんかんにはラミクタールと食品・小児良性が治る可能性

    2016年3月8日

    小児良性てんかん(良性ローランドてんかん)は、生後18ヶ月~13歳までが発症時期になっています。突発性部分てんかんの一種で、大脳の中心部から側頭部にかけて異常波がみられます。 眠りについた時に顔面の片側がけいれんする、口の周りの異常知覚、発語停止、過剰のよだれ、頰の収縮、などの症状があらわれます。...

    記事の続きを読む